ピアノはソロの演奏でも長時間飽きない魅力がある

スポンサードリンク       プライバシーポリシー

ピアノといえば、多くの人が「自分も一度は習ったことがある」という位、身近な楽器ですが、又、ソロの演奏がこれ程魅力的な楽器も少ないと思います。  楽器の優劣をいうわけではありませんが、バイオリンやギター、トランペットなどは、やはり他の楽器とのアンサンブルでその魅力が多く引き出される性格の楽器でしょう。

ところが、ピアノはソロの演奏でもコンサートが開かれる位、長時間飽きない魅力があり、更にオーケストラとの組み合わせによる交響曲も素晴らしいものです。

学校の音楽の授業で、クラシックの作曲家のことを学んだかと思いますが、ピアノを使った演奏のために曲が作られたのは18世紀の大音楽家モーツァルトあたりからとなります。 18世紀初期のバッハの時代にはピアノはまだ確立していませんでした。一度、この時代の曲をCDで改めて聴いてみると、意外にソフトで単調な曲が多いな、と感じるかもしれません。

逆に、ピアノの詩人と呼ばれたショパンの曲も聞いてみてください。ソロの演奏であっても、力強く華やかで抑揚に満ちたものを感じるかと思います。 これは別にモーツァルトが劣っているわけではなく、ベートーベンでさえ、交響曲と比較するとピアノ作品はややシンプルなのです。


ショパンやリストが実際に使ったピアノはフランスのエラール社製

実はこれは、丁度ピアノという楽器が発達を遂げている過程にあったことが原因のひとつだと考えられるのです。
映画、アマデウスを見た人は多いかと思いますが、若きモーツァルトは、鍵盤楽器ではあっても、
弦を引っかいて音を出すチェンバロに似た小柄なピアノのようなもの弾いています。

これは、ピアノの前身ともいえる、をタンジェントという薄い鉄板で突き上げて音を出すクラビコードの製作者が、
改良を重ねてつくった初期型ピアノなのです。

どちらかといえば、強弱などの抑揚はあまり得意ではなく、まだまだ旋律を重視した楽器であったため、
演奏スタイルに合わせてシンプルな曲になったのでしょう。 それが証拠に強弱が自在な交響曲では
劇的な曲がたくさんあります。
こうして19世紀に入る頃から、現代の構造にほぼ近い6オクターヴのものが登場してきたわけです。

晩年のベートーベンがようやくこのタイプを手に出来たようです。また、ショパンリストが実際に使ったものは、
フランスのエラール社製のもので、鍵盤が上がりきらない内に更に弾くことが出来タイプのものでした。
これによって、あのスピーディで華やかな曲たちが作曲できたのです。


SPONSORED LINK



人気のピアニスト「リスト」

この当時、ヨーロッパ各地で演奏活動を行い、人気のピアニストが「リスト」でした。 彼自身も名曲を残しており、
ハンガリア狂詩曲
超絶技巧練習曲は、今でもピアニスト達の間では難曲として知れ渡っています。

一方、ショパンは恵まれないポーランド人で、勉強のかたわら裕福な家庭のピアノの手入れをする仕事に
ついていたのですが、偶然、ショパンが人知れず作曲していた楽譜をリストが目にしてその才能を
発掘させたといわれています。

こうしてショパンリストの援助のもとでデビューすることができ、大作曲家となったのです。
名曲は数知れず、ワルツ、ノクターンポロネーズエチュードマジョルカスケルツォ、など
枚挙にいとまがありません。

もちろん、現在でも、ピアノの演奏会では欠かせない作品であり、今後もずっと継承されていくことでしょう。


スポンサードリンク